春の花

藤の花全般・色別花言葉(白・紫)

藤の花といえば、春になると淡い紫の小花をたくさん咲かせ、藤棚などでたおやかにしなだれる姿が優美で美しい花ですよね。

古典や絵画にも良く描かれ、花札の鮮やかな絵柄でも有名な花です。

そんな藤の花ですが、深く考えると怖く、意味深な花言葉が潜んでいるのです。また、古来より伝わる情緒溢れる逸話もあるんですよ。

今回は、藤の花のちょっと意味深な花言葉や、色別花言葉、逸話についてもご紹介していきます。

藤の花の基本情報

  • 学名: Wisteria floribunda
  • 和名:野田藤(ノダフジ)
  • 英名: Japanese wisteria
  • 原産地​:アジア、北米、ヨーロッパ
  • 開花時期 :4月~5月
  • 花色:紫、ピンク、白など
  • 誕生花:4月5日、4月29日、5月31日

古来より伝わる花、藤の花とは?

藤の花は日本に自生している植物で、その種類は大きく分けて

  • 「ノダフジ」
  • 「ヤマフジ」

の2種類があります。

この内ノダフジはツルが右巻き、ヤマフジはツルが左巻きになっています。藤棚にびっしり花を咲かせる藤の花は、下に垂れるように咲くのが特徴ですよね。

この姿がまるで、「女性が振り袖を着ているようにも見える」ことから、藤の花は昔から女性の象徴といわれているのです。

情緒溢れる藤の花の逸話

藤の花は昔から女性に例えられ、逆に男性は松に例えられたといわれています。

清少納言の枕草子では「色あひふかく、花房長く咲きたる藤の花松にかかりたる」という句があり、この様子からも、男性の象徴である松に、女性の象徴である藤がもたれかかっている姿が思い浮かびますね。

枕草子以外では、古来より伝わる万葉集でもそんな藤の姿が描かれ、歌として良く表現されてきました。藤の言葉を使った歌があれば、その歌は藤の花が咲く頃に歌われた歌というわけです。

藤の花の名前の由来とは?

藤の花は上述したように、淡い紫の小花が下に垂れ下がる姿が女性を象徴している事。

その他にも、藤の花の「フジ」が「不死」とも聞こえることから、昔から長寿の意味を持つ縁起がいい花とされていたようです。

また茎に節があることから「藤(フジ)」と呼ばれるようになったともいわれています。

藤の花言葉は怖く意味深だった

藤の花が女性を象徴しているように、その花言葉も女性にちなんだものが多いです。藤の花の全般的な花言葉は5つあり、色別に分かれた花言葉は2つになります。それぞれご紹介します。

優しい・優しさ

この花言葉は、藤の花がたおやかに花穂を垂らしているところからきています。謙虚に頭を下げている姿から、女性の優しさや優しい気持ちを表わしている花言葉といえるでしょう。

歓迎

「下がるほど人が見上げる藤の花」ということわざから来ています。

「優しい」の花言葉と同じように、謙虚に頭を下げる姿が、お客様を歓迎しているように見えることから、この花言葉がつけられたのでしょう。

佳客

佳客(かかく)とは、あまり聞き慣れない言葉ではありますよね、これは「良いお客様」という意味になります。

やはり、「歓迎」の花言葉と同じように、藤の花がしなだれて頭を下げて、お客様を出迎えているように見えるところから、来ているのでしょう。

決して離れない

藤の花の花言葉が怖く、意味深に感じるのはこの花言葉から来ています。一見すると物凄く一途な女性をイメージした花言葉のように思われますよね。

これは、藤の花のツルが強くて、藤棚や木にしっかりと巻き付く様子を表わした花言葉です。

一途な気持ちと裏腹に「しがみついたら離れない!」というイメージを連想させることから、執念深く強い男性への思いが怖いと思わせるようです。

これと同様の意味を持つ「忠実な」という花言葉も、慕ったら離れないという所から来ているのでしょう。

恋に酔う

この花言葉は源氏物語の中での、光源氏が藤壺女御(ふじつぼのにょうご)との、ただならぬ恋に酔いしれたことから来ているようです。

光源氏は、僅か5才上だった義理の母親である藤壺に恋い焦がれていました。初めこそ、藤壺の姪の紫の上を可愛がっていた源氏。

しかし、最終的には藤壺とのただならぬ恋に狂っていくのです。そんな様子を花言葉に表わしたのでしょうか。

藤の花の色別花言葉(紫・白)

藤の花の中でも白い藤は可憐なイメージがあることから

  • 「可憐」
  • 「恋に酔う」
  • 「歓迎」

などの花言葉があります。

また紫の花はとても高貴といわれていて、やはり光源氏と藤壺のお話しをなぞらえているのでしょうか。「君の愛に酔う」という花言葉があります。

最愛の恋人や伴侶に、紫の藤の花を贈ると喜ばれるかもしれませんね。

まとめ

高貴な紫の色やたおやかに垂れ下がる姿が、振り袖を着た日本の女性を象徴する藤の花。日本古来よりさまざまな歌が詠まれ、深い文化や暮らしに関わりのある花でした。

藤の花の花言葉も女性を象徴するように、とても一途な意味を持つものが多いです。これらの花言葉を深く考えていくと、女性の男性への深い愛情を表わしているようで、少し怖いと思われることもあるようです。

しかし、こんな意味深な花言葉を持つ藤の花こそ、愛する人に贈る花として相応しいかもしれませんね。

-春の花

Copyright© 花言葉図鑑〜花のことだま〜 , 2020 All Rights Reserved.