春の花

デルフィニウム全般・種類別・色別花言葉(ピンク・青・紫・白)

デルフィニウムの花言葉を知っていますか?色や種類はどのくらいあるのかも気になりますよね?

デルフィニウムは、細長くスッと伸びた茎にふわふわとした可憐なブルーの花が鈴なりに連なって咲く、とてもゴージャスで綺麗なお花です。

爽やかで透き通るようなブルーのお花は、結婚式で花嫁さんのブーケによく使われることでも知られているんですよ。

ここでは、デルフィニウムの花言葉や心温まる逸話などを名前の由来と共にご紹介します。

デルフィニウムの基本情報

  • 科・属名:キンポウゲ科・オオヒエンソウ属(デルフィニウム属)
  • 和名:大飛燕草(おおひえんそう)日本ではデルフィニウムの花の形がツバメが飛ぶ姿に似ているということが花の由来となっています。
  • 英名:Larkspur(ラークスパー)Delphinium(デルフィニウム)
  • 学名: Delphinium(デルフィニウム)
  • 開花時期:5~6月 高温多湿が苦手です。日本では夏を乗り越えることが難しいことから、本来は宿根草の多年草なのですが一年草として扱われています。
  • 原産:ヨーロッパや北アメリカ、中央アジア、モンゴルや中国南西部などの山間部

デルフィニウムはどんな花?心温まる逸話

デルフィニウムは可憐ながらも1本でもとても存在感のある花なので、誕生日や記念日などのブーケやアレンジメントにもよく使われます。その草丈は大きい物で2mにもなるそう。

そんなデルフィニウムの名前の由来は、花の形とブルーの色が関わっているんです。

デルフィニウムがつぼみの状態の時、イルカの形によく似ていることや、ギリシャ語でイルカを意味する「delphis(デルフィス)」からつけられたことが由来となっています。

また、イルカにちなんだ心温まるギリシャ神話の逸話があります。

ある時イルカに助けられた少年はイルカと仲良くなりました。しかし、漁師達から見るとイルカがいることは漁の邪魔になってしまいます。

そのため、イルカを捕獲しようと目論んでいたことを知った少年は、慌ててイルカを逃すことに成功しました。

しかし、これに怒り心頭の漁師達は、あろうことか少年を海に落として殺してしまったのです。

このことに悲しんだイルカが神様に一生懸命お祈りをしたところ、神はその願いを叶えてくれて、少年を海の色をしたデルフィニウムの花として生まれ変わらせました。

こんな逸話があって、デルフィニウムというブルーの花が生まれたというわけですね。

デルフィニウムの色別の花言葉と意味は?

デルフィニウムの色でよく知られている色は水色や群青色などのブルー系ですが、その他にもピンクや白、紫などもあり、その種類は実に200種類以上もあります。

特に淡い濃淡が美しいブルー系は大変な人気があります。その理由として、結婚式の時に花嫁さんが青色の物を身につけると幸せになれる、との言い伝え(サムシングブルー)があるからです。

デルフィニウムの全般的な花言葉は

  • 「清明」
  • 「高貴」
  • 「傲慢」
  • 「幸せを振りまく人」

です。

清明や高貴はその言葉の通り、デルフィニウムの凜とした佇まいや清らかで聡明なイメージからくるものです。

幸せを振りまくという花言葉は、サムシングブルーにちなんだものでもありますし、スッと伸びた茎にふんわりと連なった花々が揺れる様が、まさに「幸せを振りまいているように見える」というイメージからくるものです。

そして気になる「傲慢」という花言葉の由来ですが、これはブルーがサムシングブルーなどの幸せを象徴するのとは反面、ネガティブのイメージを持つことからきています。

また、デルフィニウムの花は食べると「下痢や嘔吐を引き起こす」恐ろしい一面を持っていることから、やはりネガティブなイメージで傲慢とつけられました。

その他、青、ピンク、紫、白の4種類の色別の花言葉があるのでご紹介します。

青:幸せを振りまく人、慈悲深い愛、澄んだ瞳、壮大な心、誰もがあなたを褒める

イルカと少年の話で、少年がイルカの祈りによって海のように青いデルフィニウムに生まれ変わったことから、少年の慈悲深い心、海のように壮大なイメージからこの花言葉がつけられました。

ピンク:移り気、気まぐれ、慈悲、ありふれた愛

ピンクは女性をイメージさせる色ですよね。女性は深い母性を持つことから慈悲や、女性特有の気まぐれで移り気な性質からこの花言葉がつけられました。

紫:高貴

紫という色は日本古来の色として、昔から高貴なイメージがありますよね。

紫のデルフィニウムはとても高級感溢れる佇まいをしていますので、その姿そのまま高貴との花言葉がつけられました。

白:可憐な瞳

白は純白、ピュアで可憐なイメージがあることから、そのまま可憐な瞳との花言葉がつけられました。この花は女性に贈ると喜ばれるため、告白するときに贈る花としてぴったりですよね。

デルフィニウムの種類別花言葉は3つ!

デルフィニウムの種類は

  • ベラドンナ系
  • シネンシス系
  • エラータム系

と3種類あります。それぞれの花言葉をご紹介します。

ベラドンナ系

デルフィニウムでメジャーなタイプは、真っ直ぐな茎にたくさんの花を咲かせるものなのですが、ベラドンナは一重で上品な大きめな花をつけます。

そのため、この大きな花にちなんで「尊大」という花言葉がつけられています。

シネンシス系

 

たくさんの花が群がっているように咲くデルフィニウムのイメージ正反対に、シネンシス系は小さな花が離れて咲くタイプのデルフィニウムです。

花言葉は「消えない思い」一途な気持ちを伝えるのにいいですね。

 

エラータム系

このタイプのデルフィニウムが最も一般的な、長い茎にびっしりと可憐な花がついたタイプのデルフィニウムです。花言葉は全般的な花言葉である「清明」がつけられています。

まとめ

デルフィニウムの花の由来や逸話、色や種類別の花言葉をご紹介してきました。

凜と真っ直ぐな茎にふんわりと可愛らしい花をつけるデルフィニウムは、サムシングブルーの言い伝えの通り結婚式の花嫁さんのブーケにぴったりのお花でしたね。

見栄えもゴージャスなので、花束やアレンジメントにも大人気の花デルフィニウム。花言葉を踏まえてプレゼントすると喜ばれること間違いなしです!

-春の花

Copyright© 花言葉図鑑〜花のことだま〜 , 2020 All Rights Reserved.